CADを導入する場合社内で気をつけることってある?


CADを社内に導入する前に社員教育を考える

CADを社内で導入する際に抑えておくべきこととして、社員教育があげられています。CADができるようになるまで教育することで、適切に使え、業績アップや業務の効率化につながるからです。社内で既に資格を持っている人であれば問題ありませんが、これから社員を教育する予定であれば、専門学校に通わせたほうがいいでしょう。どんな人でも初心者ではありますが、通信講座などで全く知らない人が学ぶと、癖がついてしまう可能性が高いからです。

社内で誰も使えない環境で癖のある覚え方をしてしまった場合、業務の作業効率に影響を及ぼす可能性があります。専門学校などで学ぶのであれば、講師が的確に教えてくれるため、社員で誰も使えない環境ならば、導入前に専門学校に学ばせることは必要です。

社員で使える人材を多く増やすこと

社内で導入するCADによって学ぶべきポイントが大きく変わる為、導入時にある程度社内に使える人間がいるかどうか、調べておくことが重要です。社内でいる場合、その人が使えることだけで終わらせてしまうのではなく、社内講習会やミーティングを開催し、なるべく多くの社員が使えるようにしておきましょう。社内でCADを使うことで仕事の効率をアップさせる効果が期待出来るのなら、使える人材は多いほうが効率アップにつながります。どの社員でも使えるようにすることが最も理想的ですが、もし難しい場合には直接使用する部署の人材だけでも、使用する機能をほぼ全て使えるようにしておくことが、社内の作業効率アップにつながるでしょう。

電気CADは電気設計に特化したCADの事で、建築現場などで使われるCADのパーツが制御盤や配電盤になった物と考えると良いでしょう。