膣がゆるいなんて言わせない!簡単にできる改善方法


骨盤底筋群の筋力の衰えが原因

膣がゆるいという感覚は自分では分かりにくいため、パートナーから指摘されて気づく人もいるでしょう。膣がゆるむのは、骨盤底筋群の筋力が衰えによるもので、出産で筋肉が伸びてしまったり、加齢で筋力が低下するなどが原因です。婦人科を受診して膣圧を測ってもらうこともできますが、湯船から出たときに膣からお湯が流れ出たり、くしゃみをした時に尿漏れしたり、トイレが近くなったりなどの症状は、膣のゆるみのサインと考えらえます。

骨盤底筋群を鍛えるエクササイズ

膣のゆるみを改善するには、骨盤底筋群を鍛えるエクササイズが有効です。とても簡単な方法で、家事の合間やオフィスワークの間にもできるので、覚えておくと良いでしょう。まず、足を肩幅に開き椅子に座ります。次に、背筋をピンと伸ばして膣と肛門をキュッと締めます。おしっこが漏れないように止めるような感じです。5秒締めたままで静止し、そのあとゆっくりゆるめます。時間があるときに5回から10回ほど行うと良いでしょう。

骨盤底筋群を締めるクセをつける

骨盤底筋群を鍛えるエクササイズをマスターして締める感覚を覚えたら、日常生活に取り入れるのがおすすめです。重い荷物を持ち上げたり、くしゃみをする時など、骨盤底筋群を締めるクセをつけると尿漏れを防ぎながら筋力を向上させられます。習慣づけることにより、常にエクササイズが行われている状態となり、膣のゆるみを改善できるほか、ゆるみの予防もできるでしょう。女性としての自信を取り戻すことができるはずです。

膣がゆるいと感じるのは主に加齢による細胞の老化で筋肉が弱くなるためです。また、病気や怪我で機能が衰えることもあります。細胞を収縮させる治療を受けることでゆるみを解消させることが可能です。