製造業に欠かすことができないCADとは何か?その利用のメリットは?


製図や作図で利用されているCADとは何か?

CAD(キャド)は「Computer Aided Design」の略称で、コンピュータを利用した製図や作図のツールです。かつては手作業だった製図や作図を、今はほとんどがCADを利用して行っています。

CADを利用するメリットとは?

現在では製図に欠かすことのできないCADですが、それを利用するメリットは何でしょうか?メリットは3つあります。1つめは、「手書きよりも簡単に製図を行うことができる」ことです。CADが登場する以前は、製図は手書きで行われていました。しかし、細かい線を正確に書かないといけないなど、完成まで手間と時間が掛かっていました。しかしCADの登場により製図の作業が簡単となり、完成までの時間が短縮されました。2つめは、「図面の修正を簡単にできる」ことです。手書きのときは、消しゴムで消すにおいても他の箇所を消さないよう注意が必要でした。しかし、CADでは他の箇所に影響することなく、修正したい箇所のみを簡単に修正できます。3つめのメリットは、「データの共有が可能」なことです。手書きの製図は紙のため、保管に手間がかかります。また、他に送るにしても、郵送のため時間もかかります。しかし、CADで作成した製図は、コンピュータのサーバー上で管理できるため、他の人との共有も簡単に行うことができます。また、電子メールによる送付も可能です。このため、CADは製造業の多くの会社で利用されており、今やモノづくりにおいては欠かせないツールとなっています。

水道CADとは、人の手によって行われていた上下水道に関わる配管図面などの設計をパソコンを用いて行うことです。これにより作業の効率化が図れます。