今シニア層が注目している墓じまい!実際にはどんな流れでやるの?


メリットは多くても手続きが大変!?

墓じまいは、お墓が居住地から遠くにあるので継承した時に管理するのが大変だという場合や、自分達が眠るお墓を任せられる人がいないということで悩んでいる人たちにおすすめです。永代供養や散骨などと並んで、近年静かなブームになっていますよね。廃墓などとも呼ばれていますが、やることはほとんど同じです。自分のお墓を無縁墓にしたくない、管理が困難なお墓を後に残したくないなどの問題を解決する手段として好都合なので、墓じまいを検討している人も多いのでは?でも、意外に墓じまいって手続きなどが大変なんですよね。具体的な流れを前もって把握しておくことで、自分達にとって本当に墓じまいが必要なのかも見えてきます。墓じまいをしたくなった人が最初にやらなくてはいけないことは、そのお墓がある地域の自治体から改葬許可をもらうことです。その自治体によって具体的にどの書類を提出しなくてはいけないのかルールが異なっているので、役所の環境課の窓口で教えてもらいましょう。住民票や戸籍謄本などが要求されることが多いですね。

次の供養先を見つけてからは

墓じまい後に遺骨を預かってもらう永代供養塔などからも必要書類をもらう必要があります。同時にそのお墓の中に眠っている人が誰なのかを証明しなくてはいけません。これらの一連の手続きが済んでから親戚や墓地を管理している寺院に、わだかまりが無いように挨拶をしておきます。お互いすっきりした状態で墓じまいを進めたいですよね。この後は御魂抜きをした後に工事に移ります。

墓じまいの費用について気にかけている方はとても多いです。葬祭会社に相談すれば、見積もりを計算してもらえますから安心です。